日本には、世界を救う「義務」と「知恵」がある。そして、医者は「身体」を癒やし、音楽は「魂」を癒やす。

キューバの音楽

音楽と踊りが体に染み付いている

キューバ音楽は、スペイン系とアフリカ系の音楽が融合して生まれたものをベースに、いろいろな要素が混じり合って生まれており、ラテン音楽の中枢的な存在となる。アメリカ合衆国のジャズなどとともに20世紀の大衆音楽に大きな影響を与えた。

Candela – Buena Vista Social Club

代表的なキューバ音楽は、スペインのギターとアフリカの太鼓を組み合わせたヨルバ系文化の影響が強いルンバやソンがある。その他、大衆音楽の中には、トローバやダンソンのようにヨーロッパ音楽の要素が比較的強く残っているものもある。

Bebo Valdés & Diego El Cigala.- Lágrimas Negras

19世紀にフランスのジョルジュ・ビゼーがハバネラのリズムを取り入れた時からキューバ音楽の世界への拡大は始まっていたが、キューバ音楽は、まず1930年にソンがアメリカで紹介され、1930年代以降、アメリカを中心に世界中に広まった。ただし、その際にソンが「ルンバ」として紹介されたため、元来のルンバと「ルンバ」と呼ばれるソン(現在でも社交ダンスで「ルンバ」と呼ばれるものは、このソンである)を区別する必要がある。

LA VIDA ES UN CARNAVAL / Au Music

1950年代には、マンボやチャチャチャが世界的に流行したが、1959年のキューバ革命後は、アメリカとの国交が途絶え、また、経済封鎖のためもあり、キューバ音楽が世界に広がる経路が狭まった。ただし、スペイン語圏諸国においては、影響を持ち続けた。この1970年代から80年代にかけては、革命後のキューバで若い世代のムーブメントとして起こったヌエバ・トローバが、ラテンアメリカにおいては、社会現象といえるほどの人気と影響力を得た。

Se Bota a Matar / Buena Fe

 また、アフリカ的なリズムの素養、ソ連との繋がりによるクラシック的な技術体系が反映されたジャズ演奏者のレベルは非常に高く、70年代の後半にグラミー賞を受けたイラケレ、1990年代に一世を風靡したゴンサロ・ルバルカバ、チューチョ・バルデース(イラケレのリーダー)など、数々のハイレベルなミュージシャンを生んでいる。1990年代になると、ロス・バン・バン、アダルベルト・アルバレス・イ・ス・ソンなど、ニューヨーク・サルサのセンスも取り入れたソンのグループが次々に現れ、大きな人気を獲得。また、ヨーロッパなどで公演する演奏家も増加した。1990年代末には古老ミュージシャン達を扱った映画(1998年のヴィム・ヴェンダース監督作品『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ』)が世界的なヒットとなったこともあり、経済封鎖自体はまだ続いているものの、アメリカ系大手レコード会社が、次々にキューバの音楽家と契約し、来日公演なども増加するなど、キューバ・ブームといってよいほどの活況を呈している。さらに21世紀にはいって、中南米スペイン語圏およびアメリカのプエルトリコ系で一大ムーブメントとなったレゲトン(Reggaeton)がキューバにも本格的に到来、レゲエとヒップホップ、そしてキューバ音楽が融合したクバトン(en:Cubaton)が誕生し、いまキューバの若い世代に強く支持されている。

キューバの日常風景

なぜキューバには人種差別がないのか

私が以前アメリカの大学に通っていたときも、明らかな人種差別に遭遇することはありませんでした。しかしヨーロッパ系はヨーロッパ系、アフリカ系はアフリカ系、アジア系はアジア系と、学生の中でもなんとなくグループができていたのです。もちろん、人種を越えて友情を築くことは可能です。しかし街全体、州全体、と大きな枠で見てみると、ヨーロッパ系が多く住むエリア、アフリカ系コミュニティが暮らすエリアなど、人種別でかたまる傾向があるのは明白でした。

こうした経験から、私はどこかで「異なる人種が完全にわかり合うのはとても難しいことだ」と思い込んでいたのかもしれません。そのため異なる人種でありながら、お互いを全く同じように扱うキューバ人に大きな衝撃を受けたのです。

PAGETOP
Copyright © 日本・キューバ友好プロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.